A little bird told me

風のウワサで耳にした
<< 強盗犯、利子つけて返済? | TOP | 福沢諭吉にチョビひげ書いとこう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
赤ちゃん殺人計画ではないと思うが
教諭が「赤ちゃん殺せる」 奈良の中学で授業中

 奈良県橿原市の市立八木中学校の男性教諭(44)が理科の授業で「圧力」の説明をする際に「赤ちゃんの頭蓋(ずがい)骨を押せば殺せる」などと発言していたことが1日、分かった。
 市教育委員会は、事実を確認した上で処分を検討する方針。同校の松田良司校長は「命の大切さを教える立場の教諭の発言としてショックを受けた。生徒に誠に申し訳なく思う」と話している。
 同校によると、男性教諭は5月30日の授業で、3年生の1クラス約40人に、物を押すと必ず変形するという仕組みについて説明。その際「例えば生まれたばかりの赤ちゃんの頭蓋骨はつながっていないので、ここを押したり、針を刺したりすると殺すことができる」などと発言した。
(共同通信) - 6月1日9時19分更新

実は最初、これのどこが問題なのか、わからなかったですよ〜。

やっぱり「殺す」は授業中は禁句ってことですか。

だって本当のことだもんね、頭蓋骨つながってないって。

そりゃあもちろん「イヒヒイヒヒ」とか言いながら
「殺せるんだぜ」とか言ってたらヤバいけど
「死んじゃうから気をつけろパンチ」って言うなら、間違ってないと思う。
要は言い方ではないかしら。
それと普段の人柄??

センセイも誤解を受けないような言い方を考えましょう。

   ところでこのサイト、トラバは受けますが、勝手に転載しないでね
16:55 | 巷の話題 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
16:55 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mambotaxi2.jugem.jp/trackback/48
トラックバック