A little bird told me

風のウワサで耳にした
<< 怒りのぶつけ方 | TOP | 最低警察官 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
頭に治療針 アクセサリーに見えるか
頭に漢方治療針、北京空港で搭乗拒否
 中国の北京空港で、乗客の1人が国内線の飛行機に「ある危険物」を持ち込んだために、出発が大幅に遅れるトラブルがありました。その「危険物」は、中国ならではのものでした。

 男性の頭の上で光っているのは、なんと漢方の針治療に使う針。1本1本の長さは20センチ余り、その数18本にのぼります。初めは「アクセサリー」と思っていた客室乗務員ですが、「安全上、問題がある」と、針を抜くように説得します。

 ところが、男性は「ちっとも危なくない。後の結果は自分で責任をとる」と言うことを聞きません。結局、男性はしぶしぶ針を抜いたものの搭乗は拒否され、飛行機は1時間半遅れで離陸しました。

 この男性「最近、針治療にこっていて、みんなにもその良さを宣伝したかった」と話しているそうですが、国営中央テレビは、「飛行中の針治療は、気圧の変化で出血する恐れがある」と伝えています。(10日00:54)


昨日の「ブロードキャスター」でやってました。
なんか、頭に細長い針が何本もビョーンと刺さっているの。
横顔が最初、村上隆氏に似ていて本人かと思った。

「アクセサリーと思った」というスッチーもどうかと思うけど。

しかし、「後の責任は自分でとる」と言ってもダメなんですね。
自己責任ってことで、出血しても、ほっとけばいいのに。
12:59 | 巷の話題 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
12:59 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mambotaxi2.jugem.jp/trackback/42
トラックバック